サステナビリティ

地域のステークホルダーとの共創

日水コンは、水インフラの整備や運営を通じて、単に水インフラをデザインするだけでなく、地域との結びつきを大切にしています。地域のステークホルダーである方々と積極的に協力し、教育や科学技術の推進、地域イベントの支援、そして多様な働き方の推進を図っています。

教育

教育機関への講師派遣や出前授業を通じて、次世代の学生の皆さんに水インフラに関する知識を提供しています。彼らが水インフラ事業の重要性、仕組み、そして直面している課題について深く理解することで、将来的にはコンサルタントとして、又は他の分野で活躍する際に役立てていただけることを期待しています。

<大学への講師派遣>
国立大学法人北海道大学 工学部環境社会工学科
国立大学法人東北大学 工学研究科・工学部
国立大学法人東京大学大学院 農学生命科学研究科·農学部
国立大学法人東海国立大学機構岐阜大学 工学部社会基盤工学科
国立大学法人大阪大学 工学部環境・エネルギー工学科
公立大学法人富山県立大学 工学部環境・社会基盤工学科
学校法人関西大学 環境都市工学部都市システム工学科
学校法人中央大学 理工学部人間総合理工学科、都市環境学科
学校法人早稲田大学 商学部
学校法人渡辺学園 東京家政大学家政学部環境共生学科

<出前授業>
小学校、中学校、下水道科学館等

大学での講義
出前授業

科学技術

<各種社内研修>
技術報告会や研究発表会等の社内研修を定期的に実施し、最新の技術動向について発表し、活発な議論を行っています。また、「社業を知る・感度を磨く・交流を深める」ことを目的に、年に一度、全社横断的な取組みである「NSCシンポジウム」を開催しています。当日は、学生の皆さまを対象とした1日インターンシップも併せて行われています。

<学会等の活動>
個人又は部署単位で専門分野の研究会や学術集会に参加し、技術の向上と専門知識の深化を図っています。
公益社団法人土木学会、公益社団法人日本水環境学会、公益社団法人日本水道協会、一般社団法人電気学会、ISO(国際標準化機構)、公益社団法人日本下水道協会等。

技術研鑽を兼ねた社内研修

プロジェクト・イベント

地域のコミュニティと協力し、水環境改善プロジェクトや地域イベントを通じて、水資源保全に積極的に取り組んでいます。

  • 宮城県仙台市 青下の杜プロジェクト
  • 宮城県仙台市 広瀬川1万人プロジェクト
  • 愛知県岡崎市 未来へつむぐ岡崎の水プロジェクト
  • 地域イベントへの参加
水源涵養林の保全活動
地域の清掃活動

多様な働き方

当社では、性別、年齢、国籍、障がいの有無等に関わらず、それぞれのライフステージやキャリアパスに応じて最大限に能力を発揮できるよう、多様な働き方を積極的に推進しています。また、社員からの提案により「ワークライフバランス推進協議会」を設置し、会社と社員が一丸となってワークライフバランスの向上に取り組んでいます。

  • 職種(総合職・専門職)や地域(全国対応・地域限定)を選択できる職群制度
  • マイスター認定制度(社内スペシャリスト資格認定制度)
  • 社内表彰制度
  • 育児・介護支援制度
  • カムバック採用制度
  • フレックスタイム制度
  • 在宅勤務制度、モバイル勤務制度
  • 職場環境(フリーアドレス制等)の整備
  • 余暇活動(クラブ活動・健康増進イベント参加)の推奨
職場環境の整備
職場環境の整備
社内表彰制度
クラブ活動の奨励
健康増進イベントへの参加